一軒家

限られている土地を使う

狭小地住宅は限りある土地を100%に近い形で使用するため思っている以上に住みやすい環境がある場合があります。延べ床面積では家族で暮らす文には十分という場合もあり、敢えて狭小住宅を選択するという方もいます。

詳細を確認する...

建設会社を選ぶ

狭小地を所有しているという時は売却したりマイホームを建設してみるのも良いでしょう。狭小住宅は密かにブームが有り、ようやく技術も追いついたことも有り快適な住まい空間を建築することが出来るようになっています。

詳細を確認する...

エクステリアの満足度

狭小地に住宅を建てる際は当たり前ですが限りある面積をギリギリまで活用する必要があります。そのため広い庭を用意することは難しくなることもあるでしょう。またエクステリアにこだわる事を諦めてしまう事もよくあることです。庭はともかくエクステリアは生活する上で大切な存在であり、エクステリアの無い住宅とある住宅では外見も大きく変わり、実際に住んだ時の利便性も変わってきます。狭小地でも勿論エクステリアがあるに越したことはなく、実は狭小地専用のエクステリアは各メーカーが開発して販売されています。狭小地でのエクステリアの設置方法として角度を変えるというアプローチの仕方があります。道路から住宅に入る時の階段などもエクステリアに入りますが、通常は階段などは入りやすいように正面向けに作られていることが多いです。しかし狭小地は面積に限りがあるため正面向けではなく、横から階段などを設置し玄関に入る動線を作ります。これによって無駄な面積を作ることなく階段を作ることが可能になります。
住宅を囲う外壁などもエクステリアですが、格子等を上手く活用することで建設に関する工事を単純化するとともに設計に必要な面積を少なくすることが出来ます。格子といっても丸見えではなく、おしゃれな格子スクリーンを用いることで圧迫感を無くしながらオープン的な印象をあたえることも出来ます。狭小地はただ単に面積が狭いというわけではなく、複雑に高低差がある土地の場合もあります。通常こういった土地を使用する時は事前に均す必要がありますが、敢えて高低差がある状態で建設し、この高低差をエクステリアとして活用するという方法もあります。例えば道路から住宅の玄関に向かうまでに高低差があるとすれば、この高低差を利用してスロープを創ることも出来るでしょうし、階段を作ることも容易になります。狭小住宅でも上手く工夫すればいくらでもエクステリアを作ることは可能で、諦めるのはもったいないでしょう。

注意しておくべき点

狭小地に住宅を建てる際に中止したいこととして間取りなどがあります。狭小地の間取りは快適に住めるか否かの判断ポイントに成り、間取りを間違えるとただの狭い住宅になってしまうことも考えられます。

詳細を確認する...